うさぎは新型コロナウイルスにかかりません

連日、コロナパニックが続いていますので、コロナと動物に関してのお話です。

国立感染症研究所での公式見解では、「イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダなどの家畜に加え、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメからも、それぞれの動物に固有のコロナウイルスが検出されている。」~国立感染症研究所より

コロナウイルスが種特異性が高く、犬→人や人→犬といった他の種にかかった前例は今まで確認されていません。

(ニュースで中国では犬からコロナウイルスが検出されたとの報道がありましたが、犬コロナはもともと存在しています。)

そもそも人が毎年かかっている風邪ウイルスの1/3はコロナウイルスです。ちなみに人に日常的に感染するコロナウイルスは4種類。(新型コロナウイルスを除く)

新型コロナウイルスが未知のウイルスであっても、風邪のウイルスです。もともとの特性が変化する可能性の方が低く、新型コロナウイルスが発症した中国でも動物コロナが人に感染したとの公式見解はありません。(調査が完了したウイルスではない為、0%ではありません)

メディアから新しい情報が入っても、専門機関からの発表以外はすぐに信用せず、冷静になりましょう。

全世界の新型コロナウイルスの感染者数87,161人(2020年3月1日現在)

武漢を除けば死者数は全世界合わせても100人程度です。すでに中国でも病院のベッドが空くほどピークも過ぎており、すでに自然治癒で回復もしくは症状がなくそのままウイルス死滅しているケースも多いです。

※追加

「ウサギ版の新型コロナ」が米国に拡散、数千匹が既に死亡

↑最近このような記事を見つけました。

うさぎ版の新型コロナとなっていますが、実際にはコロナウイルスではなく新種のうさぎの感染症であり、新種コロナウイルスがうさぎに感染するというわけではありません。(うさ飼いさんが不安になるので紛らわしい記述は本当にやめてほしいです)

記事内でも野生うさぎに流行しているとのこと…野生動物はもともと様々な感染症を持っている場合が多く、野生動物を見かけても触らないことが感染症対策になります。