予約フォームから予約するとgo to eat ポイントが1000pも!?

go to eat対象の予約フォームはこちらから

※リクルートポイントは1ポイント1円分です。


うさびびは地域共通クーポン取り扱い店です。

びび様「ちょっと!これみて、やばくない?」
うさびびの料金で計算してみましょう


30分700円1時間1,100円ですので、
15時以降で予約すると、1000p付きます。さらに元々15時以降50pつくので、

1時間1,100-1000p+50p=実質1時間50円(人)

皇子「アレ?30分はネット予約出来ないの?」

…30分の場合は、リクエスト予約で可能ですが、go to eatポイントは付きません。(30分しか滞在出来ない場合でも、1時間料金をお支払いして30分で帰られた方がお得です)

かぼす「でも実質50円で利用できるもんね、1ドリンク付きだから50円でタダみたいな上に限定ラミカまでもらえるもんね(笑)」

ミーア「たべほうだいだぁ♪どーやってgo toするの?」
…うさびびですと、ホットペッパーからの予約でgo to eat対象になるので、ホームページに付いている予約フォームから普段通り予約すると、システムが自動検知してポイントがつくそうです。

※go to eatのポイントはご利用から7日後に付加

※10月23日までに来店の場合はシステム都合により以下となります。
10月1日~15日来店分:2020年10月29日
10月16日~23日来店分:2020年11月9日

みかん「すごすぎる!毎日使おう(笑)」
go to eat対象店舗をネット予約して

7日後にポイントGet!

次回使えてとってもお得♪

対象期間2020年10月1日~2021年1月31日まで

ミーア「下方修正されるかもだし、早めに利用しといた方がいいのかな?」
…これ以上は言えませんが、利用しない手はないですね(笑)
ぜひ対象期間中に、予約フォームからのご予約をおすすめします。

※下方修正されましたが、それでも十分お得です。

…追記

色々と問題になっているgo to eatについて、ホットペッパーの担当からお話を伺いました。

①まず従来の掲載プランでは、送客手数料は発生しません。

送客手数料が発生するのは、定額プランではなく今回の為に用意した

掲載無料プランのみ(ランチ50円ディナー200円)

特集ページのないプランでしたら最安10,000円~5,000円で掲載可能です(地域による)

高額なプランの場合は、特集ページや上位表示され露出度が上がります。これは広告費です。もともと人気店やSNSなどで集客できるのならば高額なプランに掲載しなくても集客はできます。(飲食店サイトの中には掲載費&送客手数料無料のサイトもありました)

②店舗への負担は?

0ではありません。

ホットペッパーでは、予約するとランチ10p、ディナー50p(人)のリクルートポイントが元々お客様に付加されます。これは店舗側が負担しているものなのでこちらの分は負担となります。(これはホットペッパー側の利益にはなりません)

※無料掲載プランの場合はこちらのポイントは付加されません。

③調味料だけの注文、料金の発生しない乳児は?

ニュースにもなっていましたが、調味料だけで注文出来てしまう店舗側のシステムにも問題があり、乳児に関してもお客様にご説明して頂き、後から人数の修正で対応できます。

④ほぼタダ同然で飲食出来てしまうけどいいの?

タダ同然go to eatの目的は、コロナで苦しんでいる飲食店を救済するための政策です。直接給付してしまうと持続化給付金のようにコロナに関係なく経営不振な店舗まで救済してしまうので、来店を促す措置と考えられたと思います。よいお店であれば、お客様がリピーターになってくれますしそうでなれば一時しのぎにしかなりません。その過程で、利用者がタダ同然になっても店舗を救済出来ればよいと考えています。ですので救済する過程でタダ同然で飲食出来るのですが、感染の問題もありますので現在、利用出来る層は限られています。利用出来る方が利用してよいと思います。

店舗側が利益が発生するよううまく経営すれば、飲食店を救うことになります。

また、貧困層への食事支援にもなるとの意見もあります。